Top > 悪性黒色腫とほくろの見分け方

悪性黒色腫とほくろの見分け方


もう悩まない! 気になるホクロも自然なタッチでしっかりカバー【送料無料】トミーリッチ ほく...

 

ほくろは体のいたるところで見受けられ、特に顔に存在するものは目立つこともあり、気にしている人も多いようです。多くは直径が5mmくらいのものなので、それ以上の大きさに成長し、いびつな形であったりした場合は悪性黒色腫が疑われます。メラノーマとも呼ばれるこの悪性腫瘍は、最初はメラノサイトが異常に密集した状態で重なり合った色素性母斑と呼ばれるほくろです。

その後紫外線などの刺激により特定の遺伝子が発動し、水平増殖期・垂直増殖期へとうつり悪性腫瘍となり転移するようになります。

またメラニン色素産生能と悪性黒色腫発生率には、負の相関があることが知られていて、肌の色が濃くなるにつれ、腫瘍の発生率は下がります。
逆に極地に近い人種間で悪性黒色腫の増加が報告されており、昨今のオゾン層破壊による紫外線の影響が問題視されています。

ほくろが大きく、いびつに成長し周囲の皮膚との境目がはっきりしなくなるので、見た目で診断できることが多く、大きさの目安は長径6mm以上とされます。ほくろと違うのは診断において転移の恐れがあるため皮膚生検ができないことです。

したがって見た目で悪性と思われた場合、周囲の組織ごと摘出除去することが多く、専門医に診てもらう必要があります。予後は早期発見の場合は良く、早い治療が望まれます。

 

 高校生でもできるアルバイト  大学生のアルバイト
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
メラニンとほくろの関係(2009年8月 1日)
ほくろは増えるのか(2009年8月 1日)
ほくろがよくできる箇所(2009年8月 1日)
悪性黒色腫とほくろの見分け方(2009年8月 1日)