Top > ほくろがよくできる箇所

ほくろがよくできる箇所


トミーリッチフェイスカバーファンデーションほくろ隠し   【ポイント10倍】    10P27July0...

 

ほくろは皮膚内のメラノサイトが異常に密集している状態で、発症部位は皮膚が形成されたときから決まっています。したがってメラノサイトが異常に密集している、表皮部分がすべて対象となり、発症部位は全身に及びます。

ほくろ(母斑)の特徴として、メラニンの異常産生が上げられます。これを発症させるのは、紫外線や外傷などの刺激の蓄積によるとされています。
実際にほくろが認められるのは、顔面・首・腕・足が圧倒的に多くなっています。露出の多い部分にできやすいことから、これらの肌の露出を防ぐことが、ほくろを防ぐ唯一の手段です。

皮膚の加齢による変化は避けられないからです。ほくろが口の中や足の裏などにできることがあり、お医者様から切除を進められるのは、できにくい箇所に発症した場合、メラノーマといった悪性の腫瘍の前身である場合が多いからです。メラノーマは良く知られた皮膚癌ですが、発症率はメラニン色素産生能とよく相関していることが知られています。つまり肌の色が濃いほどかかりにくく、日本人の発症率はそれほど高くないのが現状です。

しかしながらオゾン層の破壊による、紫外線の増加が影響し、近年にみられる高齢化と相まって発症者が微増してきていることも事実です。過剰な紫外線は避けるようにしたほうが、ほくろに対してもお肌にとってもいいようです。

 

 北欧アンティーク家具と雑貨
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
メラニンとほくろの関係(2009年8月 1日)
ほくろは増えるのか(2009年8月 1日)
ほくろがよくできる箇所(2009年8月 1日)
悪性黒色腫とほくろの見分け方(2009年8月 1日)