-ほくろについて

2009年8月アーカイブ


 フェイスカバーファンデーション(ほくろ隠し&ソバカス隠し)2個セット   【送料無料・手数...

 

皮膚の一部分が黒く、時には周囲から盛り上がった状態で、特に顔にできたりすると印象が変わったりすることもあります。ほくろ はメラニン色素を含んだ細胞(メラノサイト)が、周囲の皮膚細胞より高密度に集まったものなので黒く見えます。ほくろを黒くしているメラニン色素は表皮の一番下に存在する基底層や、毛根部に存在する毛母などで生み出されます。

黒褐色の色素である真性メラニンと、赤茶色の色素である亜メラニンに分けられます。メラノサイトの中でメラニンのもとになる、チロシンと呼ばれるアミノ酸が、チロシナーゼと呼ばれる酵素の働きにより酸化されるのを契機とします。その後次々と反応を続け最終的には酸化・重合してメラニンとなり、水や有機溶媒にも溶けない非常に安定な色素に変化します。

不思議なことにメラノサイトには、MSH(メラニン細胞刺激ホルモン)のはたらきによりメラニンを産生する機能があるだけなのです。産生されたメラニンはタンパク質と結合し、ごく小さい顆粒状となり、メラノサイト内に広がっていくので、ほくろは黒くなるのです。

表皮メラノサイトと呼ばれ皮膚内に存在するものには、紫外線から体の細胞を守る大切な役割を担っています。役目を終えた表皮メラノサイトは、次々に産生される角質層となり排除されますが、ほくろは角質化を免れているためそこに留まったものです。


濃いホクロをしっかりカバー「トミーリッチ ほくろ隠し」

 

ほくろは誰しもが持っているものですが、加齢にともなって、増えてきたように感じることがあります。

ほくろは皮膚内のメラノサイトが異常に密集している、組織の異常なのですが、異常の発端はその人の胎児期まで遡ります。つまり皮膚を形成した際、すでに異常密集は始まっていて、発現部位は決まっているのです。その後の加齢につれて、紫外線などの刺激により、メラノサイトがメラニンを異常産生すると現れてくるのです。ほくろが加齢と共に増えてくるようになるのは、皮膚の加齢現象の一種だとされています。

ほくろの中心部から発毛を認めることがありますが、これは毛根が生きていた場合です。太く黒々とした毛が生えるのは、母体であるメラノサイトの細胞としての性質が変化しているためです。

ほくろと同じような症状でも 老人イボ と呼ばれるシミのようなものは、"脂漏性角化症"といわれる、良性の腫瘍です。良性の腫瘍で心配ありませんが、顔など目立つ場所にできた場合は、炭酸ガスレーザーによる治療をお勧めします。

ほくろの大部分は5mm以下の大きさであることから、日がたつにつれ大きくなってくるものは注意が必要です。特に痛みも感じず、いびつな形をしているものは、悪性黒色腫の恐れがありますので、速やかに専門医に相談することが大切です。

 

 北欧家具アウトレット  北欧家具の通販

トミーリッチフェイスカバーファンデーションほくろ隠し   【ポイント10倍】    10P27July0...

 

ほくろは皮膚内のメラノサイトが異常に密集している状態で、発症部位は皮膚が形成されたときから決まっています。したがってメラノサイトが異常に密集している、表皮部分がすべて対象となり、発症部位は全身に及びます。

ほくろ(母斑)の特徴として、メラニンの異常産生が上げられます。これを発症させるのは、紫外線や外傷などの刺激の蓄積によるとされています。
実際にほくろが認められるのは、顔面・首・腕・足が圧倒的に多くなっています。露出の多い部分にできやすいことから、これらの肌の露出を防ぐことが、ほくろを防ぐ唯一の手段です。

皮膚の加齢による変化は避けられないからです。ほくろが口の中や足の裏などにできることがあり、お医者様から切除を進められるのは、できにくい箇所に発症した場合、メラノーマといった悪性の腫瘍の前身である場合が多いからです。メラノーマは良く知られた皮膚癌ですが、発症率はメラニン色素産生能とよく相関していることが知られています。つまり肌の色が濃いほどかかりにくく、日本人の発症率はそれほど高くないのが現状です。

しかしながらオゾン層の破壊による、紫外線の増加が影響し、近年にみられる高齢化と相まって発症者が微増してきていることも事実です。過剰な紫外線は避けるようにしたほうが、ほくろに対してもお肌にとってもいいようです。

 

 北欧アンティーク家具と雑貨

もう悩まない! 気になるホクロも自然なタッチでしっかりカバー【送料無料】トミーリッチ ほく...

 

ほくろは体のいたるところで見受けられ、特に顔に存在するものは目立つこともあり、気にしている人も多いようです。多くは直径が5mmくらいのものなので、それ以上の大きさに成長し、いびつな形であったりした場合は悪性黒色腫が疑われます。メラノーマとも呼ばれるこの悪性腫瘍は、最初はメラノサイトが異常に密集した状態で重なり合った色素性母斑と呼ばれるほくろです。

その後紫外線などの刺激により特定の遺伝子が発動し、水平増殖期・垂直増殖期へとうつり悪性腫瘍となり転移するようになります。

またメラニン色素産生能と悪性黒色腫発生率には、負の相関があることが知られていて、肌の色が濃くなるにつれ、腫瘍の発生率は下がります。
逆に極地に近い人種間で悪性黒色腫の増加が報告されており、昨今のオゾン層破壊による紫外線の影響が問題視されています。

ほくろが大きく、いびつに成長し周囲の皮膚との境目がはっきりしなくなるので、見た目で診断できることが多く、大きさの目安は長径6mm以上とされます。ほくろと違うのは診断において転移の恐れがあるため皮膚生検ができないことです。

したがって見た目で悪性と思われた場合、周囲の組織ごと摘出除去することが多く、専門医に診てもらう必要があります。予後は早期発見の場合は良く、早い治療が望まれます。

 

 高校生でもできるアルバイト  大学生のアルバイト
カテゴリー
更新履歴
メラニンとほくろの関係(2009年8月 1日)
ほくろは増えるのか(2009年8月 1日)
ほくろがよくできる箇所(2009年8月 1日)
悪性黒色腫とほくろの見分け方(2009年8月 1日)
カテゴリー
更新履歴
メラニンとほくろの関係(2009年8月 1日)
ほくろは増えるのか(2009年8月 1日)
ほくろがよくできる箇所(2009年8月 1日)
悪性黒色腫とほくろの見分け方(2009年8月 1日)